「告知」カテゴリーアーカイブ

4月会計報告

一人から始めるリコール運動の活動は、全て寄付金によってまかなわれております。今月の寄附は、郵送費の切手代です。
支出は、郵送費と雑費です。今月は報告が遅れまして申し訳ありません。リコール本については、市長選の結果も含めて記録して出版したいと思いますので、今しばらくお待ちください。

3月会計報告

一人から始めるリコール運動の活動は、全て寄付金によってまかなわれております。今月の寄附は、金沢事務所の大家さんである東商株式会社の社長と署名簿の溶解処理費用を個人で肩代わりしてくださった方からの個人献金が主なものです。

支出は、署名簿の溶解処理費用と事務所の撤退などに伴う雑費です。3月いっぱいで東商株式会社との事務所賃貸契約は無事終了しました。長い間、社長さん、ありがとうございました。今後は何かありましたら、メールまたは問合せから連絡をお願いします。

リコール本の作成作業も半分ほど進んでおりますので、今しばらくお待ちください。引き続きよろしくお願いいたします。

2月会計報告

一人から始めるリコール運動の活動は、全て寄付金によってまかなわれております。今月の寄附は、金沢事務所の大家さんである東商株式会社の社長からの個人献金など2件です。

支出は、ブログ更新料が主のものです。本来、3月分の家賃も2月中に払う予定でしたが、うっかりミスで3月2日振込になりました。社長さん、ごめんなさい。また、金沢事務所は、3月で契約が満了となりますので、今後何かありましたら、メールまたは問合せから連絡をお願いします。

リコール本も少しずつですが進んでおりますので、しばらくお待ちください。
引き続きよろしくお願いいたします。

1月会計報告

一人から始めるリコール運動の活動は、全て寄付金によってまかなわれております。今月の寄附は、振込が1件、他は切手の寄付でした。

支出は、一昨年のリコール運動立ち上げ時からずっとHPの作成と維持管理をしていただいた方に、やっとお支払いすることができました。他には、料金受取人払い郵送料や事務所家賃などが主な支出です。

引き続きよろしくお願いいたします。

要望書への回答(1月8日)

昨年12月15日に、市長宛に要望書を提出しましたが、1月8日付けで回答が来ましたので紹介させていただきます。報告が遅くなり申し訳ありませんでした。

*なお、末尾に担当課の電話番号が記載されておりますので、不明な点などあれば電話してお問い合わせください。

PDFはこちらからご覧になれます⇒ bit.ly/3iDBPW4

12月会計報告

一人から始めるリコール運動の活動は、全て寄付金によってまかなわれております。今月の寄附は、主に振込による寄付、署名簿といっしょに送られてきた切手の寄付、持ち込みによる寄付になります。今月は約65万円となりました。ご協力いただいた皆さんありがとうございます。

*1月1日時点で見落としていたリコール署名簿実費販売分の105,000円を収入に計上しましたので、残高を追加して修正させていただきました。(1/20)。

支出は、11月分の返信封筒の料金受取人払いが約17万円と最も大きかったですが、返信封筒の7割は切手を貼ってご協力いただいてるので、このぐらいの出費ですみました。また、今月はこれまで皆さんに立て替えていただいていた分の精算がありました。その他、木村事務局長の宿泊費、廣越代表の交通費、 事務所家賃などが主な支出になります。

引き続き寄付を募集しておりますので、宜しくお願いします⇒こちら

署名は、残念ながら法定数の49万筆に及ばず、90,111筆でしたので、選挙管理委員会に提出することはかなわず、12月29日、溶解処理していただける工場に持ち込みました。溶解証明書が出たら、あらためて報告させていただきます。

また、今回のリコールの記録を本にして残そうと考えておりますので、本年も 引き続き よろしくお願いいたします。

署名簿等の溶解処理終了

昨年の12月29日に、段ボール93箱分の署名簿や受任者申し込みなどの個人情報が入った機密書類を、株式会社エコアースに回収を依頼し、金澤紙業久里浜事業所に持ち込みました。
1月7日に無事、溶解処理が終了し、溶解証明書が出ましたので、報告させていただきます。
これにかかった費用は、運送費や処理費など合わせ218,592円でしたが、その分を個人献金で寄付するとの申し出を頂戴しましたので、あわせて報告させていただきます。

個人情報を溶解処理場へ。

事務所での積み込みから溶解処理場までをまとめた動画です。
4tトラックに署名簿を積み込む廣越代表

一人から始めるリコール運動として、今まで預かってきた皆さんの個人情報はリコール終了後に溶解処理すると伝えて来ましたが、本日12月29日、無事『リコール受任者申込書』『署名簿』『返信用封筒』など一人から始めるリコール運動が収集した個人情報が記された書類一切とリコール署名に参加した全団体が集めた署名簿を横須賀にある金澤紙業久里浜事業所の溶解処理場まで4tトラックで運んでもらいました。処分が終わり次第、「溶解証明書」を発行していただくことになっておりますので、しばらくお待ちください。

溶解処理場にフォークリフトで 署名簿を運び込む
荷台が空っぽになったことを確認し立会い終了

また、この溶解処理を最後に一人から始めるリコール運動としての活動は一段落し、残すはリコールの記録をつくることだけになりました。事務所を貸してくださった東証株式会社の社長さんや今回の溶解処理の手助けをしてくださった受任者の方をはじめ、たくさんの皆さんの善意でリコールを開始し、最後まで継続することができました。

組織や政党に頼らず皆さん一人ひとりが動いて集まった90,111筆の林市長のリコール署名でした。リコールを成功すさせることはハードルが高いものですが、受任者が全く集まらなければリコール運動は開始すら出来ませんでした。1年4カ月の長い月日をコロナ禍でも猛暑でも街頭に出続けた40人ほどの皆さんを始め、ポスティングやカンパなど色んな形で受任者集めやリコール署名に協力してくださった皆さんありがとうございました。

今回のリコールをきっかけに、今の横浜の行政がいかにひどいものなのか危機感をもったり、政治や横浜を身近に感じる人々が増えていってもらえば嬉しいです。

一人から始めるリコール運動 代表 廣越由美子

秘書課&IR推進室 に要望提出

12月15日、桜木町駅での最終発表の後、90,111人の声を市長に届けようと、政策局秘書課と都市整備局IR推進室に要望書を提出しました。

政策局秘書課の担当課長に要望書を手渡す
面談は、議会棟3階の多目的室で行われた

簡単にまとめると
・カジノは必要、欲しいって人もいる(カジノ推進の人にカジノ反対の人もいるとは言わない)
・白紙は嘘をついてることじゃない、検討していたし。
・逆にカジノなしで財政難をどうするんですかとキレられる(財政難なのに、劇場づくり他財政のおかしな使い方は無視】
・コロナ対策しています(具体的には1個も出ない)
・目的は皆さんと同じ横浜をよくしていきたいんです
・要望書を市長に見せるかは規定にのっとって判断する(規定は言えない)
・こういうのいっぱい来てるんで我々も忙しい(リコールへの軽視、横浜史上初なのに)

ということで、市民からのリコールすべきという声がつまった要望書を市長に見せる気持ちすらないことしか伝わらない話し合いとなりました。横浜行政はもともと市民排除が強い自治体ですが、新しい市庁舎に守られてより傲慢に感じました。カジノ推進派は市長と会って住民投票派は副市長や議長と会って私たち市民には『議員がお膳立てしてくれたから今回特別に部屋を取っただけ』と渋々な対応で市庁舎行政部分ではなく議会の部屋しか貸してくれませんでした。(しかも当初要望書を秘書課はIR 推進室にまわそうとしてたらしいです。リコール要望書は受け取りたくないし、市民に市庁舎貸したくないしで税金泥棒な高級無駄市庁舎にしか見えないですね)
このような状況ですのでみんなが積極的に『要望書を市長に見せてね』『市民が見てるよ』『ちゃんとお仕事してね』『なにあの対応』と怒っていかないとこのままリコールは無視されたまま1ヶ月後に定型文の回答がくる可能性が大きいです。

『リコール運動で9万人が市長辞めなさいと突きつけていること』、『白紙と嘘ついたことの責任をちゃんととるべきだということ』『出来なければ他の要望に対してちゃんと動いていくこと』リコールの声を一筆足りとも無駄にしないためにも、横浜の行政に電話かけやFAX 、メールを送っていきましょう。数年前の横浜の原発いじめ問題ではたくさんの抗議電話で横浜市が動きました。
今回のリコール署名の結果をどう活かしてしていくかは皆さんにかかっています。

申し入れ先 電話 045-664-2525 (コールセンタ-)
      政策局秘書課か都市整備局IR推進室につないでもらいましょう
FAX 045–664-2828
メール  パソコン https://bit.ly/3r6bGmw
スマホ   http://bit.ly/3r3IQ6d
・IR を勝手に進めておかしいとか
・白紙止めウソをついた以上責任をもって辞めるべきだとか。
自分の言葉で思っていることを伝えましょう。
* 市民が市庁舎にどんどん 出入りして 、直接職員に伝えられたら一番いいかなと思います。

本来2週間程度での回答だが、いま混んでて1ヶ月かかるというので、回答は『市民にご理解いただけるよう誠実に頑張っていきたい』というような定型文はなしでちゃんと具体的に書いてねとお伝えしました。

以下要望書二枚。参加団体連名で出す予定でしたがカジノ以外での要望は出したくないという団体が数団体ありましたので、一人から始めるリコール運動のみでの要望書提出となりました。林市長は市長を辞めるか、くだらな愚策を中止し、市民から奪ったものをちゃんと市民に返すかのどちらかの選択肢を取るべきです。行政職員へ励ましを入れつつも、おかしい横浜行政にちゃんと怒って伝えていきましょう。電話、FAX 、メールよろしくお願いいたします。