7/31記者会見のご報告

記者会見で次々にマイクを持つ参加者の皆さん

7月31日、一人から始めるリコール運動は、横浜市庁舎9F市政記者クラブの会見場で記者会見を行いました。住民投票条例制定署名の9月開始という発表を受け、署名期間が重なるのは混乱を招くとの懸念から、住民投票の時期を延期してもらえないかとの働きかけを行いましたが、受け入れていただくことは残念ながらかないませんでした。そこで、記者会見では、丁寧に住民投票とリコールの違いを説明し、カジノを止めるためにリコールに集中するよう呼びかけさせていただきました。

メディアは、神奈川、日経、朝日、東京、毎日、共同通信、TVKの7社が参加し、 神奈川と日経が記事にしてくれましたので紹介します。

神奈川新聞  https://www.kanaloco.jp/article/entry-427967.html
日本経済新聞  https://r.nikkei.com/article/DGXMZO62129970R30C20A7L82000?s=4

また、記者会見の動画もアップしていただきましたので、紹介させていただきます。

住民投票ではカジノは止まらない

4 thoughts on “7/31記者会見のご報告

  1. 林市長は、プロの経営者です。市民は一株株主としか思っていません。だから市民を無視できるのです。

    1. 福井様
      ありがとうございます。林市長は市民を一株株主とさえ思っていないと思います。。配当もありませんし、税金を一方的に取るだけですから。
      事務局長 木村芳正

      1. 一株株主にも微々たる配当があります。それより(株)横浜市役所の「雇われ社長」である林市長は、株主総会を乗り切ればよいのです。それには3割程度の大株主を押さえておけばいいのです。雇われなので、(株)横浜市役所への愛社精神すらのないと思います。ゴーンさんと同じです。詳しくは8/6上大岡で「廣越さん他への手紙」をスタッフに渡しました。後日、新しい事務所(市大医学部近くの)にもお送りしたいです。

  2. 一株株主にも微々たる配当があります。それより(株)横浜市役所の「雇われ社長」である林市長は、株主総会を乗り切ればよいのです。それには3割程度の大株主を押さえておけばいいのです。雇われなので、(株)横浜市役所への愛社精神すらないと思います。日産のゴーンさんと同じです。詳しくは8/6上大岡で「廣越さんとリコ友メンバーへ」をスタッフに渡しました。後日、新しい事務所(市大医学部近くの)にもお送りしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です