第4回署名者数中間発表

11月29日、13時から桜木町駅前広場で、林市長解職請求署名者数の第4回中間発表を行いました。

署名期間は残すところ1週間となりました。 私たちが送った署名簿が30%程度しか戻ってきてない現状でもありますが、いま頑張って集めてくださる方、日々街頭やネット、チラシから新たな受任者との出会いがあります。 署名数を見て少ないとショックを受けている方も、少ないと聞いたのでやってみる、頑張るという方もいらっしゃって、各々色んな思いがあると思います。

一人から始めるリコール運動以外に政党も組織も独自でリコールが出来るほど真剣にリコールに取り組んだところがなかった中、組織や政党に頼らず、自分がやらなきゃと思って動いた方々の数字が今の数字です。 これは、行政や市長にとっても政党や組織が出した数字より遥かに重いものだと思います。 ただ数字を見れば分かるようにみんなが自分が動かなきゃと思わないと署名は、のびません。 逆にみんなが自分で動かなきゃと思えば50万人だって60万人だって可能だと思います。

リコールの署名は誰かに頼らず、でも動けない誰かの為に自分が動こうという優しさが大事なのではないかと思いながら一年以上続けてきました。 来年には市長選なんだからという雑音も聞こえてきますが、市長選まで待つということは勝手なことばかりして、選挙でも嘘をついた林市長を容認することになります。 選挙で当選しても勝手なことをしたら許さないし、嘘をついたり、カジノをすすめる権力者は許さないという評価は、政治家が市民の方向を全く向かない今、とても重要になってきています。

組織や政党、誰か任せにせず、市長リコールという市民一人一人の声を一筆でも多く集めて法定署名数目指してラスト7日間駆け抜けていきましょう。

一人から始めるリコール運動 代表 廣越由美子

1 thought on “第4回署名者数中間発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です