50万署名をあつめて
リコールを成功させよう

10月5日から『市長選挙でのカジノ白紙を転換し、市民の反対の声に耳を貸さずにカジノ誘致を推し進める林市長リコールの署名』を開始しました。
開始してから署名簿を作成しなくてはならないので、いま受任者になっていただいている皆さんのお手元に、署名セットが届くのは10月中旬になると思います。

なんといっても370万人もの人口の横浜市で、このリコール活動には40人程度しか街頭に出る人がいません。(市内市外合わせて)
これからその人たちを中心に、手分けして4万6000人以上受任者の方たちへ署名セットを発送までしなければなりませんので、どうしても時間がかかってしまいますし、街頭に出ていくことも、この1週間は難しいと思います。

街頭署名風景

現在、市内市外の方々がカンパやポスティングや事務所でのお手伝い等で参加してくださり、今までなんとか受任者を46492人まで集めて来ましたが、どうしてもそれだけではこれから先2ヶ月で50万人の署名を集めることは不可能です。
なのでどうか皆さん、自分の署名を書けばいいだけではなく、家族とかお友達とか、住んでる区が同じ人を可能な範囲で集めて、84円切手を貼って事務所に送ってください。

リコールを特別視せず、自分のこととして、いろんな人に話をして力を合わせて欲しいです。
カジノの問題もそうですが今の横浜市には問題点を解決しようとしたり、限られた財政を有効に使う様子が全くありません。
政治に蓋をするのが当たり前なのではなく、買ったものの商品に異常があったり、機能しなかったり、自販機に入れたお金が戻って来ないときのように、横浜の行政に対してもしっかり対等な価値やサービスが提供されるよう自分達で動いて横浜を守っていきましょう。

泣いても笑っても黙っていても、あと2ヶ月しかありません。

ぜひともみんなで一緒に、50万人の署名を集めてリコールを成功させていきましょう!!!

2020年10月5日
一人から始めるリコール運動
代表 廣越由美子

住民投票で
カジノは
止まりません

市長がカジノ誘致を表明して以来どんな方法なら止められるかを考えたとき、それはリコールしかありませんでした。

なぜなら普通の署名や手紙、アンケートは無視をするし、住民投票であっても議会や市長が無視出来るからです。

ならば大変であっても数を集めることで市民の意志が尊重される、守られるリコールしかないと思い8月末からリコールの準備を開始しました。

政党や組織のあるひとたちはその一ヶ月後、自分達は住民投票をやるといい、そのあとさもリコールも考えている風なチラシなどを作っていました。

コロナにより、住民投票の人たちは活動を中止すると会見したあとも、市長リコールを目指す私たち一人から始めるリコール運動は、感染対策など各自おこない、気を付けながら街頭に出て日々受任者を増やし活動が絶えないよう続けてきました。

住民投票の人たちは特別活動をしてこなかったにも関わらず、10月リコールの前に9月に住民投票を始めることは、リコールへの侮辱と軽視、住民投票に対しても思い入れが全くないように思います。

今まで政党や組織とまとまれ、まとまれ、一緒にやればいいと言われたことが多々ありますが、政党や組織は真面目にリコールに取組気がないどころか、市民の一人ひとりの権利を守る、権利を使うリコールの邪魔をしたいようにしか思えません。

そこで私たちがやるべきことは1つで政党や組織に頼らず自分自身で動いていくこと、ただこれだけだと思います。

今回それが明確になったと思います。

自分のお友達、家族様々な人にこのリコールを伝えてください。
普通の署名や住民投票ではカジノは止まりません。

誰かに頼るとか期待するとか諦めるとかではなく今やれること是非やっていきましょう。

わくわくする林市長リコール、
みんなで林市長をリコールしちゃいましょう✨

リコール署名、10月スタート決定!!

2020年6月9日、リコール開始を10月に設定し直したこと、事務所を貸してくださる方のおかげでリコールの事務所が出来たことを報告する記者会見を行いました。

一人から始めるリコール運動は2019年9月に立ち上げて以来、集めてきたリコール受任者は2020年6月9日現在35000人を越えました。
カジノ問題で、横浜の林市長はパブリックコメントや数々の署名や意見を無視し、市民の声を聞かずに白紙と誤魔化し続けてきたのをずっとみてきていたことから、カジノを止めるには法的拘束力のある市長リコールしかないと思い、誘致表明後、木村事務局長と一人から始めるリコール運動を始めました。
とにかく成功させたいと晴れた日はもちろん大雨の日も雪の日も街頭に出たりしてきました。
リコール開始については2020年7月を目標にやってきたのですが、コロナの影響により、受任者を集めるペースも落ちていること、現在、活動出来る人が半減していることからリコール開始は10月に変更することにしました。

このコロナ禍のなかで街頭に出ることに賛否両論あるかと思いますが、外での活動、集まって行動していないこと、消毒・マスク、感染予防にも気を使いながら行うことで、感染リスクは低いこと、リコールは不要不急ではなく必要不可欠なものであることから、街頭でのリコール運動を続けることが、この横浜問題と向き合う最善、最高の方法だと思って、街頭活動を続けています。

ただこのリコールは、沢山の方の協力が必要です。

街頭活動はもちろんのこと、署名用紙作成や署名郵送、宛名書き、これら全てを自分達でやっていかなくてはいけません。
選挙のように行政、選挙管理委員会がやってくれるのではなく全てが一般人の手作りで、お金も人手も必要ですが政党や組織もありません。
(政党や組織に頼るつもりもありません)

緊急事態宣言下でもリコール運動は休むことなく続けられています(5月19日センター南駅)

ですから自分の署名はリコールが始まって誰かが街頭に出たときに書こうではなく、自分の署名は自分で書けるよう受任者になろう、家族の分は自分で集められるようにしよう、在住区のご近所さんやお友達に受任者になってもらえるよう声をかけてみよう(又は署名を集めよう)というように、皆さんがちょっとずつ出来ることをやって、例えコロナ禍であってもリコール本番では一般人の誰かが街頭に出なくても50万人署名が集められるような状態を目指していきたいと思っています。

横浜は300万人有権者がいるなかで街頭に出ているのは30〜40人程度(誤差あり)しかいない状況で、今後は署名開始に向け5万人以上に署名用紙を届けるための事務作業他をしたりと、やらなくてはいけないことが山積み。

ぜひ林市長をリコールしたいと思っている皆さん、カジノを止めたいと思っている皆さん、横浜行政に怒っている皆さん、何か出来ることを見つけてご協力お願い出来ますでしょうか?

黙っているだけ、カジノ反対だけでは良い方向にいく奇跡は起こりませんが、1人ひとりが動くことで今の状況を変えられます。
林市長をリコールする権利を私たち横浜市民は持っていますが、これを使うためには自分で動かなければ、この権利を使うことすら出来ないのです。

まずは受任者になって署名用紙を自分の手元に取り寄せる準備をすること。
そして今いる場所から1歩出て、街頭出てみようかな、署名宛名書きやってみようかな、カンパなら可能かな等、ぜひ林市長リコールに様々な形でご協力お願いいたします。

(ちなみに私は宛名書きは不得意なので出来ればその作業は得意な方にお願いしたいです、笑)

ぜひ一緒に林市長リコールを成功させましょう。
よろしくお願いいたします。

2020年6月9日
一人から始めるリコール運動
廣越由美子




「一人から始めるリコール運動」は、
一人から始めるリコール運動
一人からでも始められるリコール運動
一人からでしか始められないリコール運動

です。

議会や議員関係なく、市民で最後まで決めることができるのがリコールです。
税金の使い方は市民が決める。
まさに市民が主役なのがリコール運動です。
嘘つきで傲慢で政策があまりにも杜撰な林市長にリコールの花道を✨
頑張って成功させてもカジノをとめられる訳じゃない住民投票は
ダレトク?だと言っています。

リコールってワクワクしませんか?
わたしはすごい楽しみです。
無理だからやめようとか限界決めたら
そこで終わりだし、実は無限の可能性も秘めています。
カジノを止めるのは市民です☆
林市長や議員や横浜のドンに頼るのではなく確実に止められるのは
市民の皆さんです。
リコール署名を集められる人(受任者)をまず集めましょう。

1人でも2人でも署名が集められるかたはぜひ受任者になってください。
5万人の受任者で50万リコール達成が見えてきます。
いますっごいチャンスですよ。

林市長、ありがとう さようならといって
リコールをプレゼントいたしましょう。

2019年10月1日

一人から始めるリコール運動 代表 広こしゆみこ